« 櫻井ジャーナル | トップページ | 植草一秀の『知られざる真実』 »

2015年5月25日 (月)

AIIBをバカにしている場合か 「ODA」日本も焦げ付き2兆円超(日刊ゲンダイ)

まるで子供の喧嘩だ。安倍首相が21日に行われた講演で、アジア向けのインフラ投融資について、今後5年間で約13兆円を投じることをブチ上げた。中国が主導して創設する「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」への対抗心をむき出しにして、「『安かろう、悪かろう』はいらない」「安物買いの銭失い」とAIIBをコキおろした。

 安倍首相が焦る理由は、AIIBを巡って、対応が後手後手に回っているからだ。英、独、仏など欧州の主要国がこぞって創設メンバーとなるAIIBの存在感は増す一方。

 これまで日本が主導する「アジア開発銀行(ADB)」は、アジア諸国に対して高飛車な態度を取ってきたが、先月、融資の基準を“緩和”する計画が発覚したばかり。このままでは、AIIBに取って代わられると、手のひらを返すように「積極的に支援します」と訴えているのが現状だ。厳しい審査のもと、支援を拒否されてきたアジア各国からすれば、「何を今さら」という感覚だろう。元外交官の天木直人氏はこう言う。


「AIIBは中国が国を挙げてとりかかっている国策です。そんな国と同じ“土俵”で戦っても、勝てるわけがない。日本は“日本の原則”で戦うべきです。安倍首相は中国に喧嘩を売るだけで、何の解決策もない。このままでは、安倍首相のプライドは満たされるかもしれませんが、日本は自滅です」

 実は外務省がホームページでひっそりと公表しているデータがある。「我が国の債務救済措置」というものだ。国際協力機構(JICA)や国際協力銀行(JBIC)が債権放棄した金額を示している。要は借金の棒引きである。その額は過去10年間で2兆円を超える。もちろん、国民の税金だ。安倍政権は「AIIBはうまくいかない」とバカにしているが、なんのことはない、日本のODAも結構“焦げ付いている”のだ。

「AIIBの構想が持ち上がった時点で、すぐに手を挙げ、中国と“ウインウイン”の関係を築くべきでした。財務省や外務省のOBも『AIIBに加盟するほうが得策』と言っています。しかし、現役官僚は間違っていたとしても、何も言いません。安倍首相に逆らうと出世できないからです。もうすぐ人事の季節ですから、なおさらダンマリでしょう」(天木直人氏)

 AIIBに対抗心を燃やしてアジア諸国への支援を増やしたら、日本の焦げ付きは、さらに増えてしまうのではないか。

|

« 櫻井ジャーナル | トップページ | 植草一秀の『知られざる真実』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安倍さんに任してたら、将来が心配ですね・・

税金で引かれる分増えるし、ちょっとの昇給あってもあんま変わらんし・・・

格差社会にどんどんなっていっているような気がしますsweat02

投稿: ジョニー・タピア | 2015年5月25日 (月) 06時27分

日本は、とっくの昔に危険水域を飛び越えて崩壊と破滅の道へと突き進んでいる。政治のレベルは、国民の脳味噌のレベルだし、民主主義は、ユダヤの奴隷統治の一形態。安倍の三本の矢どころか13本の矢が、国民に向かって飛んで来る日も遠い将来ではないです。昔、宮沢大蔵大臣が「輪転機を用意しています。だって増税が嫌だから仕方ないでしょ。」去年だったか?小泉次男が、薄ら笑いしてテレビで「オリンピックの頃は、日本人は貧乏になりますよ♪」と繰り返していました。今、腹黒田が、輪転機を回してその金でドルを買い、そのドルで米国債を買い、一方でユダヤ投資家は、ドルを安い円に換え、日本企業の株を買い漁っている。消費税に代表される間接税は、福祉に回さず、米国債と大企業の懐へ。庶民の財布の紐は、固くなり、閉店前のスーパーの半額商品だけに人が集まっているという田舎の現実。

投稿: 三毛猫 | 2015年11月 8日 (日) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1456274/60124793

この記事へのトラックバック一覧です: AIIBをバカにしている場合か 「ODA」日本も焦げ付き2兆円超(日刊ゲンダイ):

« 櫻井ジャーナル | トップページ | 植草一秀の『知られざる真実』 »