文化・芸術

2013年2月 2日 (土)

現代日本文学の貧困と劣化                    山崎行太郎ブログより

清水正の「ドストエフスキー論全集」を読みながら、「清水正・ドストエフスキー論全集」刊行の政治哲学と出版戦略について考えた。ーーー昨年末、清水正が、「週刊読書人」で、ドストエフスキーの『悪霊』をめぐって、鼎談を行っている。ドストエフスキーの新訳を出し続けている亀山郁夫と、ドストエフスキー好きの作家として知られる三田誠広、そしてドストエフスキーを40年間、読み続け、論じ続け、書き続けて来たという清水正の三人が集まり、ドストエフスキーの『悪霊』を論じ合っているのである。亀山郁夫は『悪霊』の新訳を完成させたばかりであり、三田誠広は二次創作とも言える『悪霊』を書き上げたばかり、清水正は、『ドストエフスキー論全集』の六巻として『悪霊』論を刊行したばかりだ。ドストエフスキーの『悪霊』を語るには最高のメンバーと最高のタイミングと言っていい。この鼎談の舞台が、「週刊読書人」というマイナーな書評新聞であるところが面白い。しかし、この鼎談は、私の眼には、画期的意義を有するように見える。これは、最早、清水正の「ドストエフスキー論」が、誰も無視黙殺できない段階に来たということである。言い換えれば、日本のドストエフスキー研究も、ここまで来た、ということである。何故、文芸雑誌が、こういう鼎談を企画しないのか、と私には不思議、不可解である。というより、そこに、現代日本文学の貧困と劣化の原因があると言わざるを得ない。いずれにしろ、私には感慨深いものがあった。清水正の「ドストエフスキー論」も、やっとここまで来たか、と思わない訳にはいかなかったからだ。清水正のドストエフスキー論は、膨大であり、広く、深い。たとえば、清水正の『悪霊』論で、私は、シャートフとシガリョフという脇役たちの存在理由をはじめて知った。『悪霊』と言えば、スタブローギンやピョートル、キリーロフのような主人公やそれに匹敵する人物たちの存在理由については、誰でもそれなりに詳しく論じている。しかし清水正ほど 、シャートフとシガリョフという脇役たちの存在理由を、綿密に、且つ詳細に論じた人は、私の知る限り、皆無だ。内発的な思想家と外発的な思想家がいる。清水正が内発的な思想家であることは、その著作活動が体現している。ドストエフスキーについて、清水正のように、書き続けることは、内発的な思想家でなければ不可能である。しかも、出版されているとはいえ、清水正の著作は、自費出版的なものが多い。つまり、清水正の場合は、書きたいものだけを、換言すれば書かなければならないことだけを書いて来たということだ。当然のことだが、よほどの物好きでないかぎり、清水正のドストエフスキー論は知られていない。ドストエフスキーの翻訳者や研究者たちからでさえ、清水正のドストエフスキー論は完全に無視黙殺されて来た。ドストエフスキーに関する本が出る度に、私は、巻末の参考文献欄を読んだ。清水正のドストエフスキー論を参考文献としてあげているかどうかを見るためだ。多くのドストエフスキー論やドストエフスキー研究的の本には清水正のものはなかった。完全に無視黙殺されていた。私は、これはおかしい、不当だと思って来た。学会のルールか出版界のルールか知らないが、私は、清水正のドストエフスキー論を無視黙殺するドストエフスキー論を認めない。私は、清水正に、これはおかしい、それなら、自費出版でもなんでもいいから、その膨大なドストエフスキー論やドストエフスキー研究を集めた「ドストエフスキー論全集」を出すべきだと提案した。清水正の「ドストエフスキー論全集」は、何時の間にか六巻が刊行されている。清水正『ドストエフスキー論全集』は、今や、他のドストエフスキー論やドストエフスキー研究を、質においても量においても、圧倒している。誰も無視できなくなっている。その具体的な例が、「週刊読書人」の鼎談である。文学や思想の主導権を大手商業出版社が握っていた時代は終わろうとしている。Add Star

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

映画『祝の島(ほうりのしま)』上映スケジュール

映画『老人党』のデモには若い風俗嬢が交じっていたが、ここ祝島の毎週月曜の原発反対デモは老人と50代青年部が尐し。28年前はさぞかし若かっただろうな。そう、週一朝のデモはもう28年も続いている。町も島も二つに割れた。そんな歴史をさらりと映しながら、カメラはひたすら島人たちの日常に寄り添う。ホウリ(神官)のように、後家の無聊を慰める里山伏のようにカメラは回り続ける。三宅島でも感じた独得の「島時間」。映像を観ながらスクリーンから流れてくる祝島の「時間」を堪能した。3★である。ここからは、纐纈監督に語ってもらおう(引用だよ)。
祝島は決して人が住むのに恵まれた自然環境とはいえない。掘っても掘っても出てくる岩を切り出し、台風が直撃する度に家を直し、海に漕ぎ出すときは、いつだって命懸けだった。……。亀次郎さんはこう言ったという。「人間だけだ。自分の住処を自分で作れないのは。……」と。そうして自分で作った小屋を住処にして子や孫の代までも米で困らないようにと、巨大な棚田を築き上げた。しかし一方では、曾孫の代になったら、この棚田を耕作する者はいなくなるだろう、と予言していたという。再び原野に還ることを知りながらも、毎日血の滲む思いで岩を動かし続けた亀次郎さん。……(まるで城のような:朝)棚田は、自然界において人間は小さな小さな生き物でしかないことを知り尽くしていた亀次郎さんが起こした奇蹟である。対岸に建設されようとしている原発が、人間の分を見誤った文明の、いかに浅はかで愚かな産物であるかを思わずにはいられない。
古代、瀬戸内海を航行する船が危難に瀕したとき、祝島に向かって一心に祈ると、島は霊光を発し行く先を照らしたという。自然の中でつましく暮らし……、原発反対を訴えてきた人々は、力強く、温かく、潔い。……(灯台のような:朝)その光に導かれ、本作は完成した。 ●

昨年8月9日、東中野のポレポレでこの映画をみた。この日はたまたま、纐纈あや監督の舞台あいさつの日でもあった。パンフレットに直筆のサインをしていただいた。

とにかく、お薦めの一品です。

以下は、祝の島サイトからの転載です。

■撮影大久保千津奈が【第19回 JSC賞】(日本映画撮影監督協会)を受賞。

 詳細はブログにて!→ http://blog.goo.ne.jp/hourinoshima

■上映会全国巡回中!!

※メールアドレスの★は@に書き換えて送信してください
※黄色はコタツだんらんツアーでの上映となります     

<上映スケジュール>

日時 場所 会場 問合せ先
2月19日(土)
10:00〜
福岡県
直方市
直方市公民館 0949-42-0193
(上野)
2月19日(土)
14:00〜
東京都
渋谷区
渋谷区消費者センター 03-3402-3244
(ふぇみん婦人民主クラブ 片岡)
2月20日(日)
14:00〜
18:00〜
岐阜県
高山市
高山別院(庫裡ホール) 090-9114-3604
(新)
2月23日(水)
2月24日(木)
19:30〜
神奈川県
藤沢市
パパラギ 藤沢店 0466-26-6101
パパラギ 事務局)
2月26日(土)
13:30〜
大阪府
大阪市
大阪経済大学
C-31号室
06-6475-8885
(あおぞら財団 小平)
2月26日(土)
14:00〜
神奈川県
横浜市
市従会館多目的ホール 045-241-2744
(横浜市立高等学校
教職員組合本部 渡辺)
2月27日(日)
13:00〜
東京都
千代田区
PARC(パルク) soumu★parc-jp.org
03-5209-3455
(高橋)
2月26日(土)
2月27日(日)
両日共
10:00〜
12:30〜
15:00〜
福岡県
福岡市
西南学院大学東キャンパス内
西南コミュニティセンター・ホール
092-823-3919
mtamura★seinan-gu.ac.jp
( 西南学院大学  田村)
3月1日(火)
19:30〜
東京都
中央区
パパラギ 東京八重洲店 0466-26-6101
パパラギ 事務局)
3月4日(金)
10:30〜
東京都
青梅市
高山家 080-6528-9663
(高山)
3月4日(金)
19:00〜
東京都
羽村市
リトルクロップ 080-6528-9663
(高山)
3月6日(日)
19:30〜
神奈川県
三浦郡
葉山 海人市場 0466-26-6101
パパラギ 事務局)
3月8日(火)
19:30〜
東京都
町田市
パパラギ 町田店 0466-26-6101
パパラギ 事務局)
3月9日(水)〜13日(日) 山梨県
山中湖村
宿ホトリニテ 080-5645-5115 hotorinite★gmail.com
シアターホトリ 高村)
3月12日(土)
14:00〜
北海道
上川郡
東川町 農村環境改善センター 0166-82-4416
(叢舎 澤田)
3月13日(日)
13:00〜
 2回上映
山梨県
北杜市
長坂コミュニティステーションホール 0551-32-2738
(笠松)
3月20日(日)
16:00〜
和歌山県
紀の川市
粉河ふるさとセンター 小ホール 090-8210-8201
(竹田米穀店 竹田)
3月20日(日)
17:00〜
兵庫県
神戸市
旧グッゲンハイム 主催・みんなの結婚式実行委員会
(式出席者向けの上映につき
一般の方はご入場できません)
3月20日(日)
3月21日(月祝)
20日
16:50〜
21日
16:20〜
千葉県
浦安市
浦安市民プラザWAVE101 070-5454-1980
info★urayasu-doc.com
( 浦安ドキュメンタリーフェスティバル 中山)
4月3日(日)
13:00〜
東京都
小金井市
現代座 0466-26-6101
パパラギ 事務局)
4月3日(日)
19:30〜
神奈川県
茅ヶ崎市
パパラギ 茅ヶ崎店 0466-26-6101
パパラギ 事務局)
4月17日(日)
 13:30〜
新潟県
中魚沼郡
津南町文化センター 025-755-7205
(萩原)
4月23日(土)
13:00〜
18:00〜
栃木県
小山市
小山市立文化センター
小ホール
080-3400-0343(佐通)

| | コメント (0) | トラックバック (4)